2017年07月07日

夜間救急!

今朝も午前4時過ぎに急患の電話があり対応した。
最近は夜中12時過ぎの夜間救急の電話はかなり少なくなったが、それでもたまに対応しなければならない時がある。

先日も大学で若い先生方と話をしていたとき、夜間救急の話題になった。
その先生の病院では週に一度、夜間の当直があるとのこと。
何もなければ深夜12時と午前3時、6時の入院患者の見回りがあるだけで寝ていられるが、急患がある時は寝れない時もあるという。
一人での当直ではなく、看護師さんも一名当直されるということで大変な職場だなあと思うと同時に、そういった夜勤の仕事を中止しようという声が出たことはない、と聞いて凄いなあと感心した。
むしろ救急の現場では自分が鍛えられるからやりがいがあると聞き、自分の学生時代のことを思いだした。

日獣大の研究室時代は毎日朝から夜中まで無我夢中でやっていた。
実験、研究、診療補助、手術補助、入院看護などなど。
数え始めればきりがないほど働いて?いた。
いや、働くという感覚はなく研究室の仕事に没頭していた。

とても大変だったがその時の経験が今の私を支えていると断言できる。
夜間救急はとても大変だが、患者さんも喜んでくれ、自分の腕も上がるし経験も増える。
やりがいを感じることのできる素晴らしい仕事だと思う。
でも、やっぱり体は結構辛い…(笑)
posted by もとき at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180269860

この記事へのトラックバック