2017年06月29日

腹をすかせた群衆

先日、ふとしたきっかけから「腹をすかせた群衆」の話を聞いた。ご存知の方もいらっしゃるかもしれないが、ゲイリー・ハルバートという方がマーケティングの話をされた中で出てきた例え話である。提供する側が「これだけいいものだから売れるだろう」と思っていても、購入する側が「欲しい!」と思わなければ物は売れない。この話を聞いた時、私たちの仕事にもすごく当てはまるなと思った。どんなに自分がすごいと思っていても、それを欲してくれる人がいなければ単なる独りよがりになってしまう。

医療の世界なので物を売るわけではないが、医療者側が勝手に思い込んでて患者さんの気持ちをあまり考えていないことは意外にある。いや、たぶん凄くある、と思う。提供側と受ける側で大きなギャップがあればうまくいかないのは道理。

「検査をする」ということを例に取った場合、たくさん勉強してるひとは「検査しなくてもわかるよ」と言う。それだけ自信があるということだが、これは医療者側の目線で、患者さんからしたら「わかる」「わからない」よりも「確実に大丈夫」ということのほうが大事ではないか?どんなにそうだろうと思ってても100%完璧な人間はいない。大丈夫と思っててもそうでないこともまれにある。患者さんは信じて任せているのだから、どんなに自信があっても時々は確認の意味で第二、第三のチェックをしておいた方がいいと思う。

私が肺がんの疑いで病院にかかった時、不安で不安で仕方なかった。これからどうなるのか?どうやって検査するのか?どうやって治療するのか?痛いのか?死んじゃうのか?いろいろな「?」が頭の中でぐるぐる回っていた。知りたいのは「たぶんこうだろう」じゃなくて「まず、間違いない」という確信だった。

任せてもらっていたのに見落としてて(気がつかなくて)大変なことになってた。昔、患者さんに勤務医のKくんが凄く怒られたことがある。私も院長として随分怒られた。どうして気がつかなかったのか?なぜ見落としたのか?Kくんは一生懸命やっていたが、いろいろ事情があって検査項目を絞って最小限でやっていた。うまくいってる時はいいのだが、そうでない時もたまにある。その時にいかに早く気付けるか?ここがおおきなポイントだと思う。たまには見落としたり、忙しくて疲れててそこまで頭が回らなかったり、あるいは知らなかった、ということもきっとある。必要でない検査はもちろんするべきじゃないが、もっと怖がって「確実」に「安全」に「間違いない」という安心が欲しいと思う。
posted by もとき at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180189333

この記事へのトラックバック