2017年03月18日

突き抜ける!

日本では、いろいろな事がまんべんなくできる人より、何か一つに抜きんでた人の方が評価が高い。
今日も院長面談で看護師のAさんと話をしていたのだが、なぜ評価が高くなるのか考えてみた。
(りんごの樹では半年に一度、院長面談という院長とサシで話す機会がある。)

考えるに、需要と供給のバランスで説明できると思う。
まんべんなくできる人は案外多くいる。でも、何か一つに抜きん出た人は数が少ない。
だから、数の少ない人は評価されるし、病院からも大切にされる。
そりゃそうだ、彼(彼女)がいなけりゃ病院が回らなくなるんだから。
それができるのは彼(彼女)しかいないのだから。

病院から大切にしてもらえる人になりたいか?
あるいは、その他大勢の、特段その人でなくてもいい人になりたいか?
よほど天邪鬼でない限り、100人いたら100人が「大切にしてもらえる人」になりたいと答えるだろう。

次に、なぜ一つに抜きん出た人が少ないのか、と考えてみる。
一つに絞るのは勇気がいる。わかっていても、一つに絞りきれないのが普通であろう。
一つに絞れば、他の事は捨てなくてはならない。
一つに集中するためには時間、お金、手間をすべてそこに集約する必要がある。

日本式教育は減点法でなりたっているが、減点法だと平均点そこそこで無難にこなす事が大切になってくる。
特別に優れた才能があったり、卓越した業績を残す事より、これといった大きな欠点がなく、着実に無難に仕事をこなす事が求められる。
そういった環境で育てられた人間が、一点に集中して他をすてて取り組むにはなかなかの勇気がいる。

それでも私はうちのスタッフが病院から大切にされる人になって欲しいと心から願う。
自分にしかできない、他の人では代替えが効かない人になって欲しい。
普段の態度がどうだとか、意欲がどうとかついつい言いたくもなるが、ここなら任しとけ、という人だらけの「りんごの樹」が理想だ。
そういう人たちが「真剣」に取り組んだらきっとすごい事になる!
posted by もとき at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179132875

この記事へのトラックバック