2016年12月30日

僕らの責任

そう、彼らは言葉を話すことができないんだ。
僕らがそうしてあげなければ、彼らの意思で何かを選択することはできない。
彼らの全ては僕らが握っている。

ちょっとくらい痛くても我慢できるだろう。
少しの辛抱だから、我慢して。
少しくらい痛くたって痛みに強いでしょう。
そんなに鳴くなんてなんて大げさな。
ブルブル震えちゃって、そんなに怖くないでしょう。
別にとって食われるわけじゃないんだから。
頑張れ、頑張れ。

自分の痛みを訴えることができたらどんなにいいだろう。
自分の怖さを伝えることができたら、叫ぶことができたら、泣きわめくことができたら。
でも、彼らにはそれができない。
黙ってじっと耐えるしかない。

人がもっと気遣ってあげなくちゃ。
考えうる最も痛みの少ない方法を選択してあげなければ。
痛みを、恐れを、怖さを、不安を、僕らがわかってあげなければ。

いらなくなったらポイ捨てだって?
ふざけんじゃない。
かれらの心の痛みををわかってあげてほしい。

心から愛して、心から大切にしてあげてください。
自分たちはそう思ってないかもしれないけれど、彼らはそう思ってる。
心から僕らを愛してくれてる。心から信用してくれている。
だから、よーく触って、よーく観察して、いつもいつも心に留めてあげて。
僕らがなんとかしなけりゃ、彼らは自分ではどうすることもできないんだから。

彼らは命がけで僕らを信用してくれてるんだから。
それに答えてあげてください。
posted by もとき at 01:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
読んでてなんだか涙が出ました
Posted by リク.H at 2016年12月30日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178212732

この記事へのトラックバック