2017年04月20日

腹腔鏡手術のススメ

当院では避妊手術など腹腔鏡手術で行っていますが、まだまだ一般の飼い主さんたちの認知度が低いと感じます。
手術説明の時に開腹(お腹を大きく切る今までの方法)と腹腔鏡の話をしますが、ほとんどの方はご存知ありません。
腹腔鏡手術は人では、特に胆のう摘出では9割がた腹腔鏡で行われます。
なので「腹腔鏡」というコトバを聞いた方は大勢いらっしゃると思うのですが、それが動物でもできるということをご存知ない方がほとんどだと思います。
あるいは、動物に手術を受けさせるということが非日常的なので、じゃあ手術方法をどうするというところまで考えが及んでないのかもしれません。

腹腔鏡をやってる側からしたらとてもいい手術だと思うので、ぜひ多くの動物たちが手術を受ける時にこの方法が選択されるといいなと思っています。
どちらかというと開腹か腹腔鏡か、という選択ではなく、割と軽度な状態だったり正常な状態で手術を受ける場合は腹腔鏡、ちょっと重症になってきたら開腹という考え方だと思います。

手術の師匠であるH先生から聞いた話が印象に残っています。
例えばがん患者さんがいて、初期、中期、後期、末期と4段階に分けた時に真ん中の2段階は誰が手術しても上手くいく時は上手く行くし、転移を起こしてしまう場合は転移してしまう。
しかし、初期の場合は誰がやってもどんな方法でもほとんどの場合が結果は良好である。ならば、できるだけ患者さんに負担の少ない手術でやってあげれた方がいいのではないか。だから私は初期の患者さんには腹腔鏡でやることにした。

開腹か腹腔鏡かどっちだ、ではなくて、この場合は腹腔鏡、この場合は開腹が適している、という考え方が適切なんどろうと思います。
こんなことを一般の方にも広く知っていただけたらと思っています。
posted by もとき at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月12日

第2待合&フードショップ

りんごの樹の待合室は開業した時のままなので6人しか座れません。
そんなこともあってフードをあまり置けなかったんですが、このたび新館に第2待合室を作りましたので、そこをフードショップと兼ねることにしました!
今までできなかったフードの陳列や、病院オススメの商品など並べていこうと思っています。
最小サイズしか病院に置いていなくて、それより大きいサイズは随時注文していただいてましたが、これからは大きいサイズも常備できるように致します。
外には自販機も設置しましたので、暑いこれからも涼しいお部屋でお待ち下さいね!

↓こんな感じ
IMG_2216.jpg

↓待合側は…
IMG_2217.jpg

第1待合とイメージが変わって明るいですね!

そういえば、狂犬病の集合注射が始まりました。
このあいだの会場は桜が満開!
お花見に行けなかったんでちょうど良かったです!

IMG_2213.jpg
posted by もとき at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月04日

新年度になりました!

さて、新年度が始まりました。
毎年この時期はいろいろやらなくてはいけないことが多く、今年も雑務に追われ、おかげさまで忙しく毎日を過ごさせていただいています。
そんな中でも、特に時間がかかるのが毎年飼い主の皆さんにお送りするダイレクトメールの作成です。
3月中旬にはお出ししたいといつも思っているのですが、今年も遅れに遅れ、先日やっと発送になりました。
もうすでにお手元に届いている方もいらっしゃると思いますが、今年も一生懸命作りましたので一読していただければ幸いです。

ダイレクトメールも開業当初はハガキに印刷してお出ししていました。
印刷は、近所の先生のところに簡易印刷機があったので、それを貸してもらって自分でやってました。
費用はハガキ代くらいだったのでそれほどかかりませんでしたが、ここ何年かは本格的なデザインをプロの方にお願いし、印刷や発送もそれなりに費用がかかるようになってしまいました。

何度も何度も校正し、やっと出来上がるのでそれなりに思い入れがあります。
昨日も手術をしてて思ったのですが、私はかなりの凝り性なので、できるだけ綺麗に、丁寧に、納得のいくように、これはいい点と悪い点がありますが、どうもそうなってしまいます。

丁寧な手術というのは「遅い手術」と言われ、外科の世界では決して褒められたものではないようです。
もちろん雑な手術は論外ですが、最低限の丁寧さで、ある程度のスピードがあることが大切で、スピードは術後の回復にも影響します。
一般的な仕事もやはりスピードが大切で、丁寧すぎるのも考えものです。
私の性格はちょっとしつこいところがあるので、これは反省すべきところですね。

けれど自分で自分をフォローしておこうと思いますが、私が自分の体を手術してもらう時、やっぱり丁寧にやってもらいたいので、多少時間がかかっても綺麗な仕上がりにしてもらいたいです。
幸い私たちが行う手術はそこまでスピードを求められる重症度の高いものも少ないので、綺麗さ、丁寧さも大切だと思います。

ブログが書けなかったこの数週間の間にも実に様々なことがありました。
今年度もなるべく頑張って書いていきますので、皆様にもお楽しみいただければと思います。
今年度もよろしくお願いいたします!
posted by もとき at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記