2017年02月27日

低侵襲ということ

今回は、りんごの樹で特に力を入れている腹腔鏡手術に関してお話ししたいと思います。

人でも動物でも、検査や治療を行うときに本人に負担の少ない方法でできればそれに越したことはありません。負担が少ないことを「低侵襲」と言いますが、腹腔鏡手術はその代表格です。体に傷をつけずに体内を観察できる超音波検査やレントゲン検査、CT検査も広い意味では低侵襲な方法と言えます。これらの他に低侵襲な方法として消化管内視鏡(いわゆる胃カメラ)、胸腔鏡、関節鏡などが挙げられます。いずれも最近の技術の進歩とともに開発されたものであり、現代の医療にとって無くてはならないものとなっています。

昔はお腹を大きく切って病巣を観察したり切除したりしていました。有るか無いか分からない、どうなっているか見当もつかない、等のときに試験的にお腹を切ることを「試験開腹」と言います。今でも行わない事は無いですが、できれば痛くない方法で確認ができ、さらに治療までできれば尚いいですよね。

もし自分がどこか痛くてお医者さんが原因を突き止められないとき、「試しにお腹を開いていいですか?」と言われたらどうでしょう?痛い思いをして、原因が突き止められなかったら最悪ですよね。お腹を切らなくても分かる、ほんの少しだけの傷で大きく切った時と同じ治療ができる。人の医学ではほぼ当たり前になっている方法もまだまだ動物では一般的ではありません。

5mmとか1cmの傷で10cmとか20cmとか切った時と同じ治療ができる。むしろ、大きく切開した時よりも比べ物にならないほど安全で清潔な手術ができる。そんな夢のような手術方法が腹腔鏡手術です。

私の肺に影が見つかり、ひょっとしたら胸を開いて病巣を切除しなくてはならないかも、と言われた時、まっさきに頭に浮かんだのが術後の痛みでした。聞けば、胸を大きく開いた時はその痛みが半年以上続くそうです。その後も腕を挙げたりする時に痛みが走り、ずっと長いあいだ苦しみが続くと聞きました。自分だったらそんなの耐えられないです。胸腔鏡でやればそういった痛みもなく、ゼロではないですがとても少ない術後痛だそうです。動物たちは言葉が話せません。痛そうにしてないから大丈夫だろう、泣き叫んでてもそのうち治るだろう、そう私も以前は思っていました。でも、本当はそうではないのです。彼らは痛みを顔に出さないだけで、本当は私たち人間と同じように辛い思いをしているのです。最近の研究でそんな裏付けが発表され、それに伴って自分の経験も手伝い、私はできるだけ侵襲の少ない、痛みの少ない治療法をという思いから腹腔鏡手術を行っています。

愛知県内でも腹腔鏡手術をうたっているところは数件の動物病院です。しかも、実際に実働しているところは私の知るところわずか2-3件しかありません。人では胆石の手術の9割以上が腹腔鏡で行われるこの時代に、動物たちはいかに昔ながらの痛い方法を強いられているのかと切なくなります。まだまだそういったことも知らない獣医の先生も多いのが現状です。昨年には中部地区での腹腔鏡手術の勉強会を立ち上げ、少しでも多くの動物たちが痛みの少ない手術を受けられるようにと活動を始めました。

ここでは実際の腹腔鏡による犬の避妊手術を説明したいと思います。一生のうちに一度しか受けない手術ではありますが、だからこそ愛するペットに痛みの少ない手術を選択してあげて欲しいと心から願っています。

下の図は犬のお腹を下から見た図ですが、お腹の中では卵巣や子宮がこのようにぶら下がっています。赤い部分は血管です。四方八方から血管が伸びていて、手術ではこれらを全て糸で結ぶか、専用の機械で血管を塞ぎます。腹腔鏡手術ではこれらの操作をお腹の中でやりますが、開腹手術では臓器をお腹の外に引っ張り出してやる必要が有ります。したがって、上から下まで大きく切る必要が出てきます。
スクリーンショット 2017-02-26 3.34.00.png

実際の開腹手術の切開創はこのような感じになります。
スクリーンショット 2017-02-26 3.47.32.png

その切開創からこのように卵巣と子宮の一部を引き出して手術を行います。
引き出し時には神経も引っ張られるために非常に大きな痛みが起こります。その痛みは麻酔がかかっていても動物の心拍数が上がるほどです。左右の卵巣を摘出し、場合によっては子宮も全て摘出します。大型犬種では引き出し時に十分体外に牽引できず、卵巣を一部取り残してしまったり、あるいは無理に糸で結ぶために糸が緩んで大出血を起こす事故も報告されています。
スクリーンショット 2017-02-26 3.54.48.png

開腹手術を行った実際の手術後の縫合部の様子です。この子は10針縫いました。
IMG_3947.JPG


一方、腹腔鏡の切開創はこんな感じです。
開腹手術と比べると極めて小さいのがわかると思います。
スクリーンショット 2017-02-26 4.17.04.png

腹腔鏡ではこのように直径2mmや1cmの非常に細い器具を使用して、お腹の中で手術を行います。皮膚の切開がとても小さくて痛みが少ないことももちろんですが、臓器を強引に引っ張ることがないため痛みや取り残し、血管の引きちぎれなどの事故は皆無になります。また、出血も極めて少なく、信じられないかもしれませんがほぼ無出血で手術を行うことができます。
スクリーンショット 2017-02-26 4.21.34.png

実際の腹腔鏡手術後の縫合部です。
PB210654.JPG

このように腹腔鏡手術は非常に低侵襲で合併症も少なく、開腹手術よりも安全で優れた手術方法だと思います。難点を挙げるとすれば、費用が通常の開腹手術に比べ数万円ほど割高になることです。しかし、良い点を考えれば十分価値のある費用だと思います。
私が手術を受ける立場になったら、間違いなく腹腔鏡手術を選ぶと思います。でも動物たちは残念ながら自分で手術方法を選択することができません。飼い主の皆さんが選んであげるしか、彼らがその恩恵を受けることはできないわけです。是非とも大切なワンちゃんに腹腔鏡手術を受けさせてあげて欲しいと思います。
posted by もとき at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月12日

元紀の由来

昨日は建国記念の日。
昔は紀元節と言われていたそうです。
11日が私の出産予定日だったそうで、父は紀元節を逆さまにして元紀と名付けてくれました。
予定日から二日遅れて13日に生まれました。
明日で私も50になります。

今までの50年、そしてこれからの??年。
どんな風に過ごしていこうかいろいろ考えます。
posted by もとき at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月07日

魑魅魍魎

昨日、看護師のI君と話をしていて、思い込みの話になった。
思い込んでいる、と本人は思っていないけど、うまいことそう思わされていることは実は沢山ありそうだ。
たま〜に真実らしきことがチラホラ見える時があるけれど、テレビコマーシャルや道徳とかで「人はこうであるべき」とか「こんな素敵なものがあるんですよ」と紹介されるとそれが欲しくなったりする。

ある方がブログで、教育の目的、目標は夢であって、教育を受けることで今まで叶わなかったことが叶うようになる、できなかったことができるようになる、知らなかったことがわかるようになる、とかそういうことで、教育を受けていい高校、いい大学に行けば高所得につながるとか高収入に繋がるとか、そういうことではないと綴っていた。実は高所得、高収入を得るために教育なんてそれほど必要なく、高収入の秘訣は奪うこと、ズルをすること、嘘をつくこと、暴力であり、これらの方がはるかに教育よりも高収入につながる、という。

これは本当か、そうではないか、という議論をするつもりはないし、こういう考えもあるのだな、と読んだ当時は思ったが、なかなかインパクトのある文章だった。だから記憶に残っているけれど、今思えば「高収入とか高所得がなんとなく良いもの」と捉えられているが、それ自体も怪しいもので、じつはそういう暗示にかけれられているだけでそうではないのでは、という話になった。

確かにある程度の収入、所得があれば自由に生活できるし、欲しいものが手に入る、ような気がする。ある程度の収入があった方がいいと、おそらく100人いたら100人そう言うだろう。でもちょっと考えてみれば、所得が多くて一番得をするのは誰だ?と考えた時、一生懸命働いて自分の時間を削って徹夜して、ボロボロになって本人はその報酬を手に入れるけど、何もしないでその一部をかすめ取って「奪って」いくのはじつは国であって、税金は納めるもの、払うのが国民の義務であってそれをしないと国が運営できなから支払いましょう、ということになっている。これは先の話からいうと奪っていることに他ならない。

税金を払いたくないとか、そういうことを言いたいんじゃなくて、奪ったり人をだましたり、そんなことNGに決まってるじゃん、と決めつけていたけれど、世の中にはどうも自分が気付いてないだけで、そういったことがじつはウジャウジャありそうだ。それが現実で、それを表立って肯定するわけではないが、実はそういうことなんですよ、と捉えることでまた違った社会とか世の中の一面が見えてくるような気がする。

世の中には魑魅魍魎がすみついている、と高校の時の先生がおっしゃっていたことを思い出した。真実はなんなのか、思い込んでいるだけではないのか、実は洗脳されている?友人のブログを読んでいて、ずいぶん思い込みが激しいな、と感じることがあるが(このブログもそういった側面が多々あると思うし、どう考えるかはその本人の感じ方であるからそれはもちろん自由であるが)、もっともっと広い視野で見ることでいままで当たり前だと思っていたことが、実はどうでもいいことだったりするのかもしれない。
posted by もとき at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月06日

最後

最後を迎えるのはどこがいいか。
動物も人間も、生まれるのも死んでいくのも、大好きな人たちに囲まれながらが一番いい。

残念ながら、治療の甲斐なく亡くなる動物たちがいる。
病気や怪我から助けるためにこの仕事をやっているが、無力感を感じることはどうしてもある。
そんな時、ついつい考えるのは最後を迎える動物たちの心のこと。

病院が嫌いな子は多い。
注射や治療で痛い思いや苦しい思いをするからだろうと思うけど、診察台の上でブルブル震える子は多い。
そんな嫌なところに治療のためだと入院させられて、彼らはどんなに心細く、不安で、怯えているだろう。

看護師さんたちが笑顔で、優しく、名前を呼びながら一生懸命面倒を見てくれる。
中にはすごく信頼してくれて尻尾をブンブン振ってくれる子もいる。
頭をよしよしと撫でて、顔をきれいにしてあげる。

最近はすごく高齢な動物たちも多い。
懸命に治療するがどうしても力足りず、もう亡くなってしまうかもしれない時、できるだけお家で過ごしてもらうよう、飼い主さんにはその子とできるだけゆっくり過ごしてもらうようお願いする。
でも、治療は最後まで諦めたくない。
少しでもいい治療、楽になるなら、体調が良くなるならしてあげたい。
そのために考え付いたのが日中は病院で治療して、夜は家族と一緒に過ごしてもらうこと。
半分入院で半分通院。

飼い主さんは現実を受け入れられないことも多いが、悲しいかな長くこの仕事をしてるともう難しそうだなとか、最後はこんな感じになるな、ということが何となく分かるようになる。
最後をできるだけ安心して、大好きな人たちに囲まれて迎えられるよう、静かに穏やかに迎えられるよう心がける。
治療して治せればそれに越したことはないけど、どうしてもかなわない時にはそんなことを考えるようにしている。

自分がそうだったら、やっぱり家族に囲まれていたいから。
家族がニコニコ笑って過ごしている隣で、自分もニコニコしながら最後を迎えたいから。
その子にとって、治療はできなくても心を穏やかに、幸せにしてあげることはできると思う。
posted by もとき at 00:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月03日

プロの獣医になる、ということ

プロフェッショナルとはどういう状態だろうかと考えてみた。
プロの獣医とは?

なんとなくだけれど、技術が素晴らしくできる獣医というイメージがあった。
だけれど、ただ単に技術が素晴らしければプロフェッショナルと言えるだろうか?
プロはお客さんが呼べて初めてプロフェッショナルではないだろうか?

体操で金メダルを取った選手がアマチュアからプロになると言った。
同じように、陸上の選手もプロになった。
イチローがプロであるのは間違いない事実であるが、彼がプロとして最高クラスなのはその技術はもちろん世界トップクラスだろうが、大事なことは彼のプレーを見てお金を払ってくれるお客さんが大勢いるということに他ならない。

大勢の人に求めていただくこと。そしてそのニーズにきちんと答えられること。
この二点がプロである大切なことであり、技術はその手段である。

求めていただけないのであれば、その時点でもうプロとは言えない。
プロの獣医であるために、何をすべきなのかを考えることが大切だと思うし、そういった教育を大学でもきちんと受けて卒業してくることが必須だと思う。

これは臨床歴30年の自分にも言えること。
初心忘るべからず。
posted by もとき at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月02日

常識と非常識

業界の常識は世間の非常識という。
先日も、ある方にそう言われたのを思い出した。

動物病院で、獣医師が10名前後所属していたり、CTがあったり、病院の大きさがウチくらいだったりするのはそう多くはないけど、それほど珍しくもない。
ところがその方は、こんな病院見たことない、と目を丸くして言われる。
まあお世辞の範疇なのかなと思い、業界ではそれほど珍しくはないですよ、と言うと先の言葉を言われた。

そこにいれば当たり前、そんなに珍しくはないと思っていても、一般の方からみればとんでもなかったりすることがある。
だから、自分の立場だけで話をしてると、相手に伝わらなかったり勘違いが起きたり、相手の気持ちがわからなかったりすることが起きるのだろう。

相手の気持ちになって考える、相手が何を求めているのか、どうして欲しいのかを考える時、自分が常識だと思っていたことが実は相手にとっては非常識なことかも?と考えることが必要なのかもしれない。
posted by もとき at 11:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月01日

痛いの嫌い

腹腔鏡と同じように低侵襲な治療に内視鏡があります。
内視鏡と言うとピンと来ないかもしれませんが、いわゆる胃カメラというやつですね。
胃カメラは凄い機械で、お腹を切らないで胃や腸の中を観察できるものです。

私も人間ドックの時に何回か胃カメラ飲んだことがありますが、あれは結構辛い。
でも動物の場合は完全に麻酔をかけて検査するので、本人は全く辛くありません。
麻酔から覚めればケロっとしていますね。

内視鏡を最初に考えた人は凄い発想だと思う。
腹腔鏡もそうだけど、切らずにお腹の中や胃や腸の中を見たり、処置したりできるのは普通じゃ思いつかないんじゃないだろうか?
今、私たちはその恩恵を普通に受けれることができるけど、昔はそんな機械もなかったわけだから大変だったでしょうね。
何かあればすぐにお腹を切られて、本当は切らなくても処置したり検査できるのに、そこに到達するために痛い思いをする。

先日もスポンジを飲み込んでしまった猫ちゃんがいて、運良くお腹を切らずに摘出できましたが、そういった技術がこの世になければその子もお腹を切られていたわけです。
お腹を切られることは痛いですよね。
胸を切られるのはもっと痛いと思います。
肋骨をギリギリ開かれて、時には肋骨が折れてしまうこともあるそうです。

そこを乗り切らなければ手術ができないわけだから仕方ないといえば仕方ないけれど、安全に痛くなく同じことができるんであれば、自分だったらそちらを選ぶでしょうね。
posted by もとき at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記