2016年10月25日

学び!

りんごの樹では定期的に外部講師を招いて院内セミナーをやっていますが、先日は大学の先生に来ていただき、整形外科のお話をしていただきました。
また、その数日後、今度は企業の学術担当の方に来ていただき、新製品のお話とすでにでている製品のアップデートのお話をしていただきました。

私個人はといえば、日曜はほとんどセミナーや学会に出席で、常に新しいことを学び刺激を受けています。
一昨日も名古屋セミナーがありましたので、午前中に診療を急いで片付け行ってきました。
新幹線だと10分で行けるので便利になったものです。

こうして常に最新のこと、知らないこと、分からなかったことを学び続けていると成長感が半端ないです。
もともと、それほど勉強が好きな方ではないですが、実践に役立つ知識や技術はどれだけ研ぎ澄ましても上限がありません。
根っからの職人気質ですね(笑)

今後は、こうして学んだことや知識を、ぜひ飼い主の皆さんにお伝えしていきたいと考えています。
りんごの樹の飼い主様向け教室を開催したいと考えています。
内容はデンタルケアやシニアケアのこと、普段皆様からご質問いただく様々なこと。
講師は院長です、もちろん!(汗)

座学だけでなく、手や体を動かして学んでいただけたら嬉しいです!
できたら、今年の間に…
とは思っていますが、難しかったら遅くとも冬の間に1回開催したいと思っています。
乞うご期待下さいませ!

IMG_1095.jpg
みんな、真剣に聞いています!

IMG_1096.jpg
名古屋駅前。ビルが新しくなって、秋空とコントラストが映えますね!
posted by もとき at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月14日

開院18周年!

おかげさまで、りんごの樹動物病院は平成28年10月12日で開院18周年を迎えることができました。
ここまで何とかやってこれたのも飼い主の皆様、スタッフのみんな、そして家族のおかげだと感謝しています。
ありがとうございます!

りんごの樹動物病院の開院は平成10年10月12日です。
ほんとは10年10月10日だと語呂が良かったんですが、たぶん日柄が悪かったか何かで12日にした覚えがあります。
10日には内覧会を行ったと記憶しています。

父が親戚を呼ぶと言い出し、確か午前中に一般の方の内覧会を行って、午後から親戚の方々に来ていただいてお祝いを振る舞った記憶があります。
あの頃はまだ私も若かった!
写真を見ても随分痩せてスマートでした(笑)

はじめの頃は患者さんもまばらで、それほど忙しくありませんでした。
朝一番と昼前にちょこっと忙しいくらいで、10時ごろは患者さんもいらっしゃらなくてみんなでお茶してました。
その頃は第2診察室がまだ「処置室」兼「手術室」兼「休憩室」だったので、診察台の上がお茶飲み台でした。
のんびりしてた時代でした。

そのうち忙しくなってきて診察時間中にお茶する暇も無くなってしまいましたが、そのくらいの余裕があった方が良かったのかもしれませんね。
今は「こうでなくてはいけない」と杓子定規に考えるようになってしまって、診察中は舞台に立っているのと同じだからおしゃべりはもちろんのこと、お茶すらすべきではない、と四角い頭で考えています。

「なあなあ」のだらしないのは論外ですが、締めれば締めるほど余裕が無くなって逆に堅苦しくなるのかもしれません。
みんなが一つの方向に向かっていればそんなこと言わなくたってしっかりやっていましたからね。

たまにはこうやって反省するのもいいかもしれません。
いいところ、良かったところ、今に、そしてこれからに活かせるようにバージョンアップしていきたいですね!

IMG_1071.jpg
posted by もとき at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月07日

人のこころ

満足するとはどういうことか?

ちょっと調べてみると、顧客満足は「期待<感動」であれば満足し、「期待>感動」ならば不満になるという。
顧客満足度を高めるには「感動」を大きくし、「期待」を小さくすること。
感動を大きくするのはわかるけど、期待を小さくするのはどうやって?

わかりやすく言うと、過度な期待をさせないこと。
いいことばかりを言わない、デメリットもきちんと説明する。
そんなこと聞いてなかった、説明がなかった、というやつだ。

では一方、従業員満足とはどのようになるか。
これもちょっと調べてみると、マズローの要求5段階説でうまく説明できそうだ。

給料が極端に安かったり、労働条件が極めて悪ければ、いくらモチベーションを持って働けと言っても響くはずもない。
人間関係が悪くても満足度は上がらない。
そして、次に来る「認められている」「関心を持ってくれている」という承認要求が満たされることが、自立して動く、自分から能動的に目標をもって動く、という自己実現を達成しようとする行動に結びつく。

「よくやってるね」「ありがとうね」「助かるよ」
褒めるということでなく、認める、承認する、関心をもつ、ということ。

はてさて、私はリーダーとしてどうだろうか?
こうやって整理してみると点と点が結びついて、いろいろなるほどなあ、ということになってくる。
考えさせられる1日でした。
posted by もとき at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月02日

学会参加!

先日、新横浜で開催された「日本胆道学会学術集会」に参加してきました。
これは人の医学会で、胆道(肝臓についている胆嚢から十二指腸への通路)だけについて語る非常にマニアックな学会です。
どちらかというと内科の先生が多い印象ですが、外科の話も出てきます。

私が今、盛んに興味を持って取り組んでいるのが胆嚢、そして肝臓であるので、こういったところにも顔を出して学んでいます。
いや、それにしても医学の世界は厚いです、層が。
獣医なんて比べものにもなりません。
100分の1とか1000分の1という感じです。

アメリカの獣医学が進んでいるということで、われわれ日本の獣医は彼らを目標に学んできました。
腹腔鏡もアメリカでは先進的に行われていますが、当たり前かもしれないけれど医学のレベルからすれば雲泥の差を感じます。
腹腔鏡を学びに海外に行くこともありますが、国内にいながらこういった非常にハイレベルな話を学べるのはとても刺激的です。
遠いといっても名古屋から横浜まで2時間かかりませんからね。

今回もいろいろな学びがありました。
明日からすぐに役立つというものではありませんが、医療に対する心構えとか取り組み、考え方など多くの収穫がありました。
書籍も何冊も購入してきました。
また次のステップに進めそうです!

IMG_1017.jpg
posted by もとき at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記